信用保証制度のしくみ信用保証制度のしくみ

信用保証制度は、中小企業者、金融機関、信用保証協会の三者の関係で成り立っています。

信用保証制度のしくみ

1保証申込
金融機関の窓口を通してお申込みください。(事業資金のご相談は、当協会または金融機関、商工会議所等の窓口でお受けしています。)
21保証依頼
金融機関から保証依頼がなされます。
3保証承諾
信用保証協会は、企業の事業内容や経営計画などを審査のうえ保証の諾否を決定し、金融機関等に連絡します。
4融資
保証承諾の通知を受けた金融機関が資金を融資します。このとき、保証の対価として当協会に「信用保証料」をお支払いいただきます。
5償還
融資条件に基づき、借入金を金融機関にご返済いただきます。
6代位弁済
万一、何らかの事情で借入金の返済ができなくなった場合は、信用保証協会が中小企業者に代わって金融機関に借入金を返済(代位弁済)します。
7代位弁済金の返済
代位弁済により、信用保証協会は中小企業者に対して求償権(債権)を取得します。代位弁済後は、信用保証協会に代位弁済金を返済していただきます。
熊本県信用保証協会について
信用保証協会とは
信用保証制度のしくみ
熊本県信用保証協会の概要
事務所(窓口)のご案内
情報公開
信用保証ガイドブック[PDF]
ご案内・お知らせ

↑ページの先頭へもどる